公式サイト
TOPへ

2018.03.20

ありがとうございます!

『さよ朝』公開から、もうすぐ一か月がたちます。観てくださった皆さんのTwitterやブログ、イラスト、心のこもったお手紙。すべての気持ちが、嬉しくありがたくて……日々、幸せをいただいています。何度も観てくださった方もいらっしゃるようで、本当にありがとうございます。

私も先日、一人でバルト9に行って客席で観てきました。
音響監督の若林さんに「ぜひ、この辺りの座席で観てほしい。一番、想定している音が聞こえるから」と言われた席で……もう、すごかったです。声も音楽も、効果音も。すべての音が絶妙な強弱で混ざりあい、ぐんぐん心に迫って来ました。

若林さんと音響チームの皆さんは、今回とても繊細で絶妙な、ギリギリを攻めた音作りをしてくださいました。音の素材も、これ以上ないぴったりなものを探して作ってくださって。エリアルの赤ちゃん時代の声も、実際の赤ちゃんの声なんです。「まま」という、初めての台詞も。実際は「まんま(ご飯)」と言っているそうで……なんと、本能に根差した言葉!

0320

音楽を担当してくださった川井憲次さんも、若林さんに紹介していただいたんです。川井さんは憧れの存在ですので、まさか関わってくださるとは思っておらず。最初は緊張しましたが、とても優しい方で、こちらの無茶なオーダーにもこたえてくださいました。シーンにぴったりとあった音楽は、時にシーンを飛び越し、時に一歩下がり……そのドラマティックな緩急は、音楽そのものから感情があふれだすようです。

若林さん、川井さん、音響チームの皆さんとお仕事をさせていただきつくづく思ったこと。それは、「すごい人って柔軟だ!」ってことです。
どのセクションのスタッフもそうなんですけど、本当に「すごい」と呼ばれる人って、偉そうにしている人がいないんです。一緒にお仕事をさせていただいて、その理由がなんとなくわかりました。人格者であるとかそれ以前に、皆さんいつまでもチャレンジャー。向上心があって、自身と作品の可能性をどんどん掘り下げていく。だからこそ、ふんぞり返っている暇はないんだなって。私もそうなりたいって、強く思いました。
そして、別作品になってしまいますが。P.A.作品の『花咲くいろは』で書いた、緒花の台詞(モノローグ)を思い出しました。

「女将さんみたいに仕事に誇りをもって、一生懸命になって。ちょっと子供っぽくて。いつまでも、いちばん最初の気持ち。最初の夢を、忘れないで……そんな風に、なりたい」

この作品のスタッフには、私にとっての四十万スイがいっぱいです!

『さよ朝』制作ブログですが、少し脱線させてください。『花咲くいろは』に登場した福屋という旅館のモデルである秀峰閣さんが、3月17日に閉館されました。湯涌を旅した皆さんの、素晴らしい思い出が生まれた場所。私にとっても作品にとっても、大切で忘れられない場所です。たくさんの宝物を、ありがとうございました!

2018.03.03

燃えあがらせてくれるもの

去年の冬。追いこみでもっとも忙しかった時期の石井さんと私は、『ジャージ部』を結成していました。会社に入ってコートを脱いだら、かわりにジャージを羽織って作業するというもの。石井さんが着ていたのは、校章がかっこいい『Another』の夜見山北中ジャージでした。着用していると、何やら恐ろしい目にあいそうですが……石井さんは無事でした!ふー、よかったよかった。そして、私のジャージはこちら。

s__69632006

なんと名前入り!『花咲くいろは』を応援してくださる方からいただいた、喜翆荘ジャージです。四十万スピリットを注入され、金色の名を背負うことにより「もう、逃げも隠れもできん!」と、仕事にたいして燃えあがりました。

そして、私を燃えあがらせてくれたものがもうひとつ。試写会でもお話したのですが、メイン・アニメーターの井上さんが描かれたイゾルです!あまりにかっこよくて、石井さんとひとしきり「この顎のラインが」「いやいや、このおでこの傾斜が」などと盛り上がり、コピーを机の横に貼っていたんです。辛いときにはイゾルを見上げることで、もんもんと邪気が、いえ、メラメラとやる気が出ました。

s__69632008

井上さんのレイアウトや原画をパラパラやると、その場にいきなり別の現実があらわれて、大袈裟でなく心拍数があがります。何度、「うわぁ」と口にしてしまったことか。そして、絵で表現できるあまりにも豊穣な情報に驚かされます。たとえばマキアの走り方。「運動神経悪い走りにしたいんです」とざっくりすぎるお願いをしたのですが、井上さんの手にかかると、手の軌道がそれたり顎が上を向いたりだけでなく、服の皺まで「もたついた足運び」から発生する皺になるんです!なおかつ必死でひたむきで……走り方ひとつで、マキアのことがいろいろと理解できてしまう。

この作品には、ある特殊な(?)女の子達が登場します。物静かで憂いがあり、ときに激しすぎる情熱をぶつけてくる彼女達の登場シーン、ほぼすべての担当が井上さんです。アニメ映画の素晴らしさが凝縮されたダイナミックな動きを、ぜひ楽しんでいただきたいです!

2018.03.01

背中を押してくれた人

脚本を書く際に、指針となるのが監督です。監督が求めるものを探り続け、意見をもらいながら改稿を重ねる。悩むこともあるけれど、自分にない視点に「あ、これいい!」と感じた時の快感は、共同作業ならではです。そんななか、ときどき「岡田さんの思うままに書いて」と言ってくれる監督がいます。どんな監督と組む以上に、実は緊張するんです。ここまで信頼してもらっているのだから、中途半端な脚本はあげられないというプレッシャー。でも、自分でベストだと思える脚本を書けば素晴らしい映像にしてくれると、作品に対して前のめりにさせてくれる……そんな監督の一人が、篠原さんです。

今回、取材を受けていて「どうして監督をやろうと思ったんですか?」という質問がとても多かったのですが……いろいろ理由はありながら、最後に背中を押ししてくれたのは篠原さんでした。篠原さんが「監督やってみれば?」「やるなら手伝うよ」と言ってくださったからこそ、現場に飛びこむ勇気がもてたんです。でも篠原さんが言っていたのは、『監督』ではなく『総監督』という意味だったようで。またしても私は曲解していたのですが……本当に、我ながらどこまでも迷惑な奴です。でも、篠原さんは「まじかー」と言いながら参加してくれました。

篠原さんは今回、副監督として作品全体を、そして監督経験のない私を支えてくれました。脚本の時と同じく「岡田さんの思うままに」と、私がジャッジをしやすいよう様々な方法を考えてくれて。各セクションとの打合せの仕方、コンテの書き方、監督としての心構えも教えてもらいました。篠原さんの言葉で見えてきたこと、救われたことが何度もあります。そして、演出面でも。とにかく大変なカットの多い作品なので、それをどう見せていくかという演出処理が本当に大変で……篠原さんは数多くの難しいカットを、自分がコンテを書いていない場面でも担当してくれました。

0301

篠原さんにコンテをお願いしたのは、パート単位ではなく「マキアとエリアルの幸せな瞬間」全般です。いろんな幸せの捉え方があると思いますが……篠原さんは、丁寧に重ねていくことをとても大事にしている方です。アニメでは本来、「あたり前には存在しないはずのあたり前」をしっかりとすくいあげていく。それが、キャラクターがいる世界に広がりと厚みをもたせ、映像に温度と息づかいを与えてくれる。品があって繊細で、あたたかくて。篠原さんの描く世界が、私は大好きなのです。

企画がスタートして。篠原さんが私のことを「監督」って呼んでくれた瞬間に、いろいろと覚悟が決まった気がします。篠原さんは、この作品の父のような人です。これから少しでも、親孝行できたらなと思っています。

2018.02.26

公開しました

2月24日。『さよならの朝に約束の花をかざろう』の公開日でした。
企画から五年、制作スタートから三年かかってようやく完成したこの作品。多くの方に劇場に足をお運びいただきました。本当に、ありがとうございます!

初日は、新宿・上野・池袋で舞台挨拶がありました。キャストの石見さん・入野さん・梶さん、主題歌を担当してくれたrionosさん、ラインPの堀川社長と私で登壇させていただいた。皆さんの熱い思いを聞くことができて、心を揺さぶられまくりました。そして、石見さんのきれいな涙……石見さんを抱きしめたくなる気持ち、おさえるのに必死でした!

今回の作品は、アフレコの一年以上前に『読み合わせ』を行いました。キャストさん達にまだ映像がない状態で自由に演技をしてもらい、そこで録音した声をアニメーターさん達が聞きながら、演技の方向性や声からにじむ性格を受けとめつつ絵に起こしていく……。よく、アフレコは「キャラクターに魂を吹き込んでもらう場」といいますが、今回はキャストさんとアニメーターさんが一体となって、一人の人間を同時に生み出しています。試写会で石井さんと石見さんがお喋りしているのを見たとき、なぞの感動がこみあげてきました。
そして、主題歌『ウィアートル』。デモをいただいたのが制作の佳境だったのですが、皆で「さよ朝にぴったりだ!」と盛りあがり、ラストスパートの原動力になってくれました。石見さんの声とrionosさんの声の性質は違うのに、どちらもゆっくりとマキアに重なっていきます……。

0226

公開前に受けた取材の際に「あなたにとって本作は?」という質問があったのですが、いろんな思いがありすぎて一つに決めきれなくて。堀川さんに相談したら、「私のヒビオルです、って答えるのはどう?」と。うわ、なんか照れる!と思いながらも、あまりにもしっくり来たので、それを採用させてもらいました。

イオルフの民は、みんなで一つの布『ヒビオル』を織りあげていきます。
スタッフ、キャスト、関わってくれたすべての人達が、皆さまに観てもらえる日を目標として日々少しずつ織ってきたこの作品。なので、『さよならの朝に約束の花をかざろう』というヒビオルには、皆さまのこともしっかりと刻まれています。皆さまのヒビオルにも、この作品のことを少しでも織っていただけたなら……これ以上の幸せはありません!

2018.02.23

堀川さんのこと

『さよならの朝に約束の花をかざろう』は、カラーグレーディングという工程を経て完成しました。画面全体の色の最終的な調整を、1カット1カット行う作業です。そこで感じたのは、画面のすみずみにまで満ちたスタッフの熱意。この画が生み出される過程を見てきたはずなのに、全てが完成状態として一つになったときのパワーに圧倒されました……本当に、最高のスタッフに恵まれた作品です。

そんな素晴らしいスタッフを集め現場を作り上げてくれたのが、ラインPでありP.A.の社長でもある堀川さんです。堀川さんがラインPだからこそ、この作品に参加してくださった方がたくさんいます。堀川さんはエンディングロールのチェック中、「監督・岡田麿里」の字が出た瞬間を写真に取るんだと言って、ずっと画面横に待機していました。生真面目で人の良い横顔を見てたら、いろいろとこみ上げてきました。

0223a

PAの本社は富山。今まで堀川さんの席は東京支社にありましたが、この作品をラストに現場からは離れ、本社へ戻り社長業に専念するそうです。

思えば堀川さんには、ttの頃からいつも怒られてばかりでした。だからこそ、今回ラインPを頼みたかったんです。初めての監督作品でわからない事ばかりの私を、正してくれる人がほしかった。そして望み通り、いっぱい怒ってもらいました。堀川さんの本気を感じられて、ダメージを受けつつも「しっかりしなきゃ」と背筋が伸びました。『さよならの朝に約束の花をかざろう』は、愚直で丁寧で、とても真摯な作品になっていると思います。それは私の思うP.A.と、そして私の思う堀川さんそのものです。

堀川さんは作品完成とほぼ同時に、越丸という名の柴犬を飼いはじめました。カラーグレーディング後、堀川さんやスタッフと離れる寂しさによろついている私に、「毎朝、田んぼの見回りに連れていくんだ」と、越丸との未来予想図をうきうき語ってくれた堀川さん。もう少し寂しがってくださいよ……でも、越丸は可愛いから仕方ない。

0223b

堀川さんのうきうきした気持ちが、これからもずっと続きますよう。
頼んだよ、越丸。

0223c

『さよならの朝に約束の花をかざろう』は、いよいよ明日公開です。スタッフの手を離れて走り出していくマキアやエリアル達を、皆さま、なにとぞよろしくお願いいたします!

2018.02.22

プロデューサー 堀川憲司 インタビュー

――『さよならの朝に約束の花をかざろう』が完成し、いよいよ公開になります。
堀川 僕はこの作品を制作するにあたって“わかりやすいキャラクターではないもの”を見たかったんです。そして実際にマキアというキャラクターは、人によって捉え方がいろいろあるキャラクターになりました。岡田監督は打ち合わせで「自分はこういう映画を作りたいんだってスタッフに説明するわけですが、この映画では、それを聞いたスタッフはそれをそのまま受け取るんではないんですよ。「岡田監督はああ言ったけれど、では、自分はこの作品をどう考えればいいのか」というふうに考えながら制作していたんです。岡田監督の考えるマキア像、それから自分たちのマキア像、そういうものがいろいろ生まれるのがおもしろかったし、そういうことを通じて、岡田監督が自分でも意識していない無意識の部分も見えてくるんじゃないかと思っていました。
――わかりにくいキャラクター、ですか。
堀川 TVシリーズの脚本は、複数の脚本家が参加することもあって、キャラクターについては「この人はこういう人だね」というコンセンサスのもとでしか制作を進められないんです。そうすると、人間らしい不可解な部分というのはなかなか表現することができない。これが『有頂天家族』のような原作が小説のものだと逆に可能になるんですが、そういうことをアニメオリジナルの企画としてできないだろうか、と。そしてそういうものを描くには、その人の中にやはりそういう部分がないと難しいと思うんです。「この人はもっと掘っていくと、底知れぬものが出てくるんじゃないか」。岡田監督には以前からそういうものを感じていたので、「100%の岡田麿里を見たい」という話をしたわけです。
――脚本作業はスムーズだったんですか?
堀川 もうかなり最初の段階から現在のものに近いものが出てきました。もちろん稿は重ねましたが、その時も「ここはわかりにくいから、わかりやすく」というような直し方はしませんでしたね。そのかわりにスタッフが岡田監督の説明も踏まえつつ、「これはどう解釈すればいいか」をそれぞれに考えていくわけです。しかもおもしろいのは篠原(俊哉)副監督もコア・ディレクターの平松(禎史)さんも、それを岡田監督にいちいち言葉で確かめたりはしないんです。「違っていたら言ってね」ということですね。
――美術監督の東地和生さんは、なかなかマキアに納得できなかったそうですね。
堀川 そうですね。でも、作品の内容についてぶつかることっていうのはウェルカムですよ。東地さんはその作品の世界に入っていくために「もっとぶつかろうよ」ということを求めていくタイプなんです。そこで、それに対してなぁなぁで済ましてしまってはダメなんです。みんな作品を大事にしているからこそ、ぶつかることもあるんだというふうに理解しないといけないところですね。
――試写を見た方の反応はいかがですか。
堀川 自分の人生と映画を照らし合わせて、親だったり子供だったりを思い出したという方は多いですね。ただその感想はそれぞれの立場でみな違っているし、この静かな映画がポッとそこに置かれたことをきっかけに、その人が気が付かいていなかった大切な関係が心の中から引きずり出されているみたいで、そこはすごくおもしろいです。
――堀川さんはこの作品が、制作の現場に入る最後と決めていたそうですね。
堀川 そうなんです。だから脚本の読みあわせをして、この映画の全体像が見えた時に、「こういう作品を最後に書いてくれてありがとう」と思いましたね。終わりがいがある作品でした。

ほりかわ・けんじ/P.A.WORKS代表取締役。プロデュース作品に『true tears』、『花咲くいろは』、『有頂天家族』、『SHIROBAKO』などがある。

2018.02.20

エリアル役 入野自由 インタビュー

――作品の第一印象を教えてください。
入野 オーディションの時は、ファンタジーで専門用語も多いので難解だという印象でした。その後、メインキャストが集まって本読みをすることになりました。事前に台本をいただいたんですが、感動しましたし、「この作品は絶対に面白い!」と感じました。
――脚本に岡田さんらしい感触がありましたか。
入野 岡田さんが関わった全部の作品を知っているわけではないので、断言するのは難しいんですが……セリフがとても真っ直ぐに、痛い言葉もそのままに描かれているのが印象的で、岡田さんの描く世界だと感じました。
――岡田さんが初監督を務めることについてはどう思いましたか。
入野 おもしろい試みだと思いました。監督をされるとういうのは大きな決断だったと思いますし、大変なこともあったと思いますが、面白い作品を作ろうとしているんだなということをアフレコ現場の様子で感じました。
――長命なマキアと人間の子供エリアルの関係が映画の縦軸です。
入野 普通の人間と姿が変わらないまま長生きする種族の関係という、ファンタジーの部分を、岡田さんはすごくリアルに表現していました。だから、演じていて共感するところが沢山ありました。エリアルが、自分とマキアの関係について言うセリフがあるんですが、その2行ぐらいのセリフの中に、二人の関係性が詰まっていると思います。無償の愛というのは、こういうことなんだと思いました。一人でも多い人に観ていただきたい作品です。

いりの・みゆ/ジャンクション所属。主な出演作に『機動戦士ガンダム00』(沙慈・クロスロード)、『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』(宿海仁太)、『コードギアス 亡国のアキト』(日向アキト)、『言の葉の庭』(タカオ)、『聲の形』(石田将也)などがある。

2018.02.19

タイトル

取材でよく聞かれることを、堀川さんがTwitterにあげていたので……私も一つ。
「岡田さんといえば長いタイトルですが、そのこだわりは?」

いや、素敵な質問だと思うんです。でも、これを聞かれると、動揺すると同時に胸が痛みます……。なぜなら、オリジナル企画のタイトルの場合、シナリオ打合せに参加しているスタッフがアイディアをもちよって会議で決定するのが基本なのですが……確実に「自分でつけました!」と言えるのは三つだけ(そのうち一つは、P.A.の『凪のあすから』です)。そう、私の考えたタイトルは会議で選ばれないんです!敗北の歴史!
たとえば、P.A.でシリーズ構成を担当した『花咲くいろは』。大好きなタイトルなんですけど、これは脚本で参加してくれた樋口達人さんがつけてくれたものです。素敵なタイトルありがとう!そのネーミングセンスを、お友達価格でわけてくれー!

そんなわけで、タイトル決めが本当に苦手な私。今回もなかなか決まらず、仮でつけていた『マキア』でいいじゃん……というムードが流れだした頃。宣伝チームから「岡田さんと言えば長いタイトルですので、別タイトルを考えてください」との発注が!動揺!
長いタイトルって難しくて、うんうん唸って、スタッフのみんなにも相談して、結局〆切を過ぎて。もうどうしようもないので、宣伝チームに「タイトル決め会議を開催してください!」とお願いしました。ホワイトボードに、いくつもタイトル候補を書いていって。それでも全員が納得するものは生まれず、今度はタイトルに使えそうな『作品のキーワード』をあげることに。

私が考えた言葉は『約束』。約束って美しいものだけど、自分と誰かを縛るものでもありますよね。それが足枷になりながらも、縛られることで与えられる役割と安心感もあって。プラスとマイナスの両面を抱えながら、それでも約束は、自分を支えてくれる力になる……。

宣伝チームが考えてくれた言葉と合体し、調整して、なんとか完成したこの『さよならの朝に約束の花をかざろう』というタイトル。今では、とても大切なタイトルになりました。この宣伝チームの皆さん、全国縦断試写会でもすごく頑張ってくださったんです。制作期間中はあまり接する機会がなかったのですが、試写会を通じて一人ひとりの個性を知り、作品に対して熱意と愛情をもって取り組んでくださっているのがわかって嬉しかった。これからも、よろしくお願いいたします!

img_1877

タイトルがやっと決まった時に、喜び勇んでタイトルを書き壁にはっておいたら、石井さんがそこに絵を描いてくれたものです。マキアとオノラに喜んでもらえて嬉しかったです……待たせてごめんよ!あ、王様もね。

2018.02.16

マキア役 石見舞菜香 インタビュー

――マキア役に決まった時の感想を教えてください。
石見 オーディションでは絶対落ちたと思っていたので、すごく驚きました。私がこの世界を目指したきっかけは、岡田(麿里)監督が脚本を書かれた『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』なんです。しかも『あの花』に出演されていた入野自由さん、茅野愛衣さんも出演されるということで、本当に夢のようでした。
――アフレコの前にメインキャストが集まった台本の読み合わせがあったそうですね。
石見 私にとっては初めての経験でした。お芝居だけではなく「作画の参考用に表情を撮りたい」というお話で、カメラを置いた状態で皆でセリフを読んだんです。その時は今以上に、現場慣れしていない時期だったので、ガチガチに緊張ました。入野さんがアドバイスをしてくださって、その力を借りてなんとかやることができました。必死になっているところがマキアというキャラクターに沿っていたようで、岡田監督から「そのままで大丈夫だよ」という言葉をいただいたので、なんとか演じることができました。
――その読み合わせからアフレコまで1年ほど空いています。
石見 オーディションは自信がなかったので、そこからすごく成長しなければいけない、という気持ちがありました。だから役柄を深く考えたり、イメージをちゃんと持てるようになるための時間ができたのはありがたかったです。一方で時間があることで自分が変わってしまって、「オーディションの時のほうがよかった、とガッカリされてしまったらどうしよう」という不安もありました。
――マキアは、長命なイオルフなので時間が経っても見た目はほとんど変わりません。
石見 そうなんです。そこが演じていて難しいところでした。マキアはお話の中ではエリアルを育てる「母」なのですが、姿は少女のまま変わらない。だから少し気を抜いてしまうと雰囲気が女の子になってしまうんです。そういう意味でも岡田監督からは「母としての心を強く持ち続けてほしい」という話をいただきました。
――石見さんから見た『さよならの朝に約束の花をかざろう』はどんな作品でしょうか。
石見 まずマキアの成長を描いた物語だと思います。そしてそれを通じて生と死、親と子、時間の流れといった大切なものを改めて気づかせてくれような作品だと思っています。最初にご覧になった時には壮大な世界観に驚かれて、受け止めきれないぐらいの感情が生まれるかもしれません。私はこの映画を見て人生が変わる方がきっといると思っているので、一人でも多くの方の心に届いてほしいと思っています。

いわみ・まなか/プロフィット所属。主な出演作に『多田くんは恋をしない』(テレサ・ワーグナー)、『ゲーマーズ!』(星ノ守千秋)、『クジラの子らは砂上に歌う』(リコス)などがある。

2018.02.15

全国縦断試写会in新宿

2月13日、新宿バルト9。全国縦断試写会も、これでラストになりました。お集まりいただいた皆さま、本当にありがとうございました……!

今回は、マキア役の石見さんも一緒でした。純粋さと優しさ、不器用さとひたむきさ……そんな石見さん自身が滲む声に、マキアというキャラクターを引っ張ってもらいました。とても素敵な声優さんです。

挨拶でも触れましたが。「岡田麿里を100%さらけだした作品が見たい」という堀川さんの言葉を、私が曲解したことから始まった監督としての日々。この『さよならの朝に約束の花をかざろう』は、私100%なんて言ったら罰があたります。どのカットを見ても、スタッフの熱意と才能が満ちている。そのカットが完成するまでに、どれだけ多くの人たちが、どれだけ多くの思いを注いでくれたか。副監督の篠原さんをはじめとしたスタッフに支えられて、本当に大切な作品が完成しました。アニメは共同作業で、誰か一人の100%なんてありえません。みんなで作った、みんなの作品です。

%e3%81%95%e3%82%88%e6%9c%9d-kv-%e7%b8%a6

頼りない監督ですが、スタッフを代表して皆さまにご挨拶させていただいたことを、とても幸せに思います。作品が公開されて、より多くの皆さまにお会いできる機会がもてますように。まだ、気を抜かずに走っていきたいと思います!